ドラッグストアと考える皮膚科医の開業についての情報ページ

皮膚科医の開業についての情報ページ

圧倒的大多数の人が、自費治療を受ける際は、「よく調べてから行きたい。」と言う結果があります。 また特に利用するツールにホームページや医院検索サイトが上げられます。つまり、自分で取得可能な資料さえあれば、事前によく調べ、医院選択、治療選択の材料にしたいと思っているのです。 そこで、医院側は患者様を待っているだけではなく、情報発信を積極的に行うことで、さらに多くの自費治療を受ける患者様を得られる可能性が高まるのです。結果、保険収入が、確実に減少する時代となった時、「自費治療ならこの医院」という、地域のランドマーク的存在になるでしょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

治療費に関する関心度は、「治療費が明確:18%」「治療費が安い:8%」「治療費が高い:2%」と、全体の約3割を占めます。 つまり、治療費に対して高い関心があることが分かります。 ただし、治療費が安いことが、医院選びの動機付けとなる可能性は低く、治療費が明示されていることが、重要なのです。

 

患者様は、最も関心の高い治療費を明示していない医院に対して、「隠蔽(いんぺい)」という言葉を連想し、さらには「医療事故」や「医療ミス」という言葉まで意識の中で発展させてまう傾向があるのです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

一方、治療費を積極的に明示している医院に対しては、オープンで、誠実、正直、患者参加型の医療を行っていると、好印象を受けるのです。このように集客を必要とするのであればホームページなどのWeb戦略は必須といえます。

 

薬剤師 求人