ドラッグストアと考える皮膚科医を開業するための計画を立てましょう

皮膚科医を開業するための計画を立てましょう

まずはしっかりとした開業計画を作成しましょう。ご自分が目指される病院像をしっかりと盛り込んだ、ほかにはないような計画書を作ることが必要です。そうすることにより円滑な資金調達を実現する近道となることが多いです。しかし夢ばかりの机上の空論的な計画書では誰も納得してくれないでしょう。最も重要なことは、「金融機関が納得する開業計画を確実に作成する」ことです。言い換えれば、開業計画が不十分であれば、資金融資がうまくいくことはありません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

万が一、不十分な経営計画に対して金融機関が安易に融資したとしても、開業後の運営においては開業した先生自身が苦労することとなります。したがって、資金調達だけを単独に考えるのではなく、診療圏調査(受療患者予測)資料や収支計画書を示して、本開業が堅実でかつ安定したものであることを金融機関にアピールしましょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

また融資を受ける際の金融会社の選別も必要です。最近、医療機関に対する金融機関の融資姿勢は、これまでに比べ積極的になってきたようです。ある都市銀行ではこれから開業する医師向けに無担保・無保証のドクターズローンを展開し、別な銀行でも同じようなローンを開業予定医にアピールしています。融資申し込みをしてもなかなか貸してくれなかった数年前のことを考えると、かなりの様変わりであります。 しかし、金利などできるだけ有利な条件で融資を受けるべく、公的な融資機関を含め慎重に金融機関を選択しなければなりません。

 

薬剤師国家試験