ドラッグストアと考える血管炎等の皮膚疾患についての情報ページ

血管炎等の皮膚疾患についての情報ページ

血管炎症候群とは、全身のさまざまな血管に炎症が起こり、血管の流れが障害されて起こる特殊な病気の総称です。血管系以外の他の臓器に炎症が起こり、その影響を受けて二次的に血管に炎症が及んだものは除きます

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

個々の疾患が含まれています。病気の正式な名前は、この個々の疾患名になります。しかし、個々の病気の診断は、専門家でも難しいことが多く、また、いくつかの病気が同時に起こってくることもあります。そのため、"血管炎症候群"という呼び方が使われるようになりました。血管炎(血管炎症候群、血管炎症、血管炎病)の分類、種類の一覧としてはこちらになります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

○大血管を傷害するもの
・側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)
・大動脈炎症候群(高安動脈炎
○中小動脈を傷害するもの
・川崎病
・結節性多発動脈炎
・中枢神経限局性血管炎
○細小動脈を傷害するもの
・アレルギー性紫斑病(シェーンライン・ヘノッホ紫斑病)
・アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)
・ウェゲナー肉芽腫症
・過敏性血管炎
・顕微鏡的多発血管炎
・本態性クリオグロブリン血症

 

薬剤師 就職