ドラッグストアと考える蕁麻疹などの皮膚の疾患に関するサイト

発症の原因

大部分の蕁麻疹は皮膚の肥満細胞から遊離されるヒスタミンにより発症するものです。実際の原因はきわめて多彩ですが、アレルギーが原因となるものばかりでなく、物理的、化学的刺激による非アレルギー性の要因によることも多くあります。

 

発症の原因から次のような蕁麻疹に分けられます(矢村の分類参照)。 食事性蕁麻疹は、特定の食べ物をとることにより現れる蕁麻疹をいいます。

 

原因と考えられる食品には、肉類(牛・豚・鶏)、魚介類(アジ・サバ・エビ・タコ・貝など)、牛乳、卵(卵黄・卵白)、その他乳製品、酒類(ビール・日本酒など)、食品添加物などがあり、豆類や米・ジャガイモ、そばなどで蕁麻疹の現れる人もいます。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

物理的要因のうち、機械的蕁麻疹があります。これは、皮膚に外部から機械的刺激が加わりその部分に膨疹ができるものをいいます。ベルト、腕時計などの当たる部分によくできます。

 

普通でも当たったところに発疹のできることがありますが、必ずしもすべてが病的なわけではなく、機械的な刺激で膨疹が誘発されかゆみが強いときに蕁麻疹とされます。

 

薬剤師 転職