ドラッグストアと考える血管炎症候群

血管炎症候群

血管炎症候群とは個々の疾患が含まれています。いくつかの病気が同時に起こってくることもあります。



そのため、"血管炎症候群"という呼び方が使われるようになりました。血管炎の分類、種類の一覧としてはこちらになります。



ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

○大血管を傷害するもの
・側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)
・大動脈炎症候群(高安動脈炎




○中小動脈を傷害するもの
・川崎病
・結節性多発動脈炎
・中枢神経限局性血管炎


薬剤師 求人